Skip to main content

「CLASSIC ROCK AWARDS
より良い今後に向けて

11月18日(金)、KLab Entertainment株式会社、TeamRock社およびPCM社(以下総称して「主催3社」)は会合を開き、11月11日(金)に東京・両国国技館で開催しました「CLASSIC ROCK AWARDS」(以下「CRA」)について、多くのアーティストからの賛同のもと、次回のCRAも東京で開催することを決定致しました。また、CRA2016の様子は90分番組として全世界40を超える国々で放映される予定です。主催3社は、2017年に再び会合を持ち、2017年中に開催予定のイベントの詳細を企画してまいります。

TeamRock CEO Billy Andersonからのコメント CRA2016は、演奏も授賞式も素晴らしいものでした。世界中のロックファンから大いにご支持頂けたことを大変光栄に感じます。CRA2016の開催にあたり、来場されたロックファンの皆様および関係各社のご支援により、特別なイベントにすることができたことを感謝致します。

PCM 代表 David Ciclitiraのコメント 先般、2020年に東京オリンピックの開催が決定したと聞いてすぐ、「ロック版『オスカー賞』とも言えるCRAを東京へ持っていこう、2020年の祭典の一翼を担いたい。」と考えました。今回、素晴らしいチームと共に働く貴重な経験が得られました。なかでも個人的に特筆したいのは、このアイデアを実現に導いてくれたKLab Entertainment社CEOの真田氏です。

KLab Entertainment CEO 真田 哲弥のコメント CRA2016の開催は、私たちにとって大変貴重な学びの機会となりました。ロックファンと関係者の皆様にご支援頂いたことに心から御礼申し上げます。私たちはCRA2016を主催して学んだ多くのことを、次年度以降開催するイベントへの糧にしてまいります。

主催3社のコメント CRA2016に来場された多くのロックファンの皆様は、過去にない素晴らしいイベントを体験して頂けたと思います。しかしその一方で、CRA2016開催にあたり、誰がプレゼンターで誰が演奏するのかということについて認識の相違があったことを確認しました。この認識相違により一部のご来場者様のご期待に応えられなかったため、CRA2016へご来場されたすべてのお客様には、次年度開催予定の「CLASSIC ROCK AWARDS 2017」チケットの先行販売を行い、かつ割引価格でご提供致します。一方で、CRA2016に失望されたご来場者様には、チケット代金をご返金させて頂きます。

これらを希望されるご来場者様は、KLab Entertainment株式会社公式ウェブサイトより詳細をご確認ください。 http://www.klabentertainment.com/cra_2016_support.html

主催3社は、来年早々に再び会合を持ち、2017年中に開催予定のイベントの詳細を企画し、東京へ再び多くのロックファンが集まる機会を設け、ロックレジェンド達による一夜限りの公演「CLASSIC ROCK AWARDS 2017」をつくってまいります。

チケット情報

・一般席A 18,000円(税込)

公演チケット1枚



・ゴールド・VIPパッケージ【数量限定】 60,000円(税込) → Sold Out

  • 公演チケット1枚 アリーナ席保証
  • VIPラミネート付き
  • VIP専用エントランス
  • ※VIPラミネートは公演当日会場にて受け渡しさせていただきます。

ロック・VIPパッケージ【数量限定】 100,000円(税込)

  • 公演チケット1枚
  • アリーナ席保証
  • 限定ギフトバックとグッズ、VIPラミネート付き
  • VIP専用エントランス
  • ※グッズ・VIPラミネートは公演当日会場にて受け渡しさせていただきます。
  • [チケット販売プレイガイド]チケットぴあのみ

・プラチナ・VIPパッケージ【数量限定】 150,000円(税込)

  • 公演チケット1枚 アリーナ良席保証
  • サウンドチェックのご鑑賞
  • 限定ギフトバックとグッズ、VIPラミネート付き
  • VIP専用エントランスと優先入場
  • ※サウンドチェックは公演前に行われます。詳細はご購入者に別途メールでご案内させていただきます。
  • ※グッズは公演当日会場にて受け渡しさせていただきます。

・スペシャル・ボックス 250,000円(税込)

  • 公演チケット4枚 (テーブル席と椅子でのご鑑賞)
  • VIPラミネート4枚
  • VIP専用エントランス
  • ※VIPラミネートは公演当日会場にて受け渡しさせていただきます。

・パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ【数量限定】 300,000円(税込)

個人・法人関係なく、クラシックロックを応援していただく方に向けた数量限定パッケージ。

  • 公演チケット1枚 アリーナ前列5列目以内保証
  • サウンドチェックのご鑑賞
  • カクテルレセプションへご招待
  • 限定ギフトバック、スポンサー専用TシャツとVIPラミネート付き
  • VIP専用エントランスと優先入場
  • ※どなたでもご購入可能です。
  • ※カクテルレセプション、サウンドチェックは公演前に行われます。詳細はご購入者に別途メールでご案内させていただきます。
  • ※受付の際、身分証明証を確認いたしますのでご持参ください。
  • ※グッズは公演当日会場にて受け渡しさせていただきます。

(出演アーティストは一部変更になることがございます。ご了承ください)

最新ニュース

11月11日

パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ(PSP) 詳細に関しまして

11月11日(金)PSPご購入のお客様はサウンド・チェックとカクテルレセプションがございます。 お問合せが多数ございますので、詳細をご案内させていただきます。

  • 15:30 両国国技館 正面入り口集合、受付開始
  • 16:20~16:40 サウンドチェックのご鑑賞
  • 16:45~17:45 カクテルレセプション
  • サウンドチェック(参加アーティストのリハーサル)ご鑑賞後、場内大広間で軽食とドリンクをお楽しみください。
    アーティストの状況にもよりますので、参加は確約されているわけではございませんが、カクテルレセプションには当日参加のアーティストやバンド等もご招待をしております。また当日参
    加アーティストやご招待芸能人が参加する「レッドカーペット」がレセプション会場隣で行われます。ドリンクをお楽しみいただいているそのタイミングで、アーティストのメディア向けフォトセッションを観ていただく事ができる可能性もございます。
    *服装の制限はございませんが、カジュアル過ぎないインフォーマルな服装でのご参加をご提案いたします。

11月11日

11月11日(金)12:00より、両国国技館南側グッズ販売エリアでグッズ販売を行います!

11月11日

一般A席完売後も問い合わせ多数のため、機材席の一部を開放し11月11日(金)14:00 予定より、当日券売り場にて「当日券販売」を行います。

枚数限定ですので、なくなり次第販売終了となります。

※お席によっては一部ステージが見づらいお席になる可能性がございますので、ご了承ください。

  • PSP(パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ):300,000円(税込)
  • P-VIP(プラチナ・VIPパッケージ):150,000円(税込)
  • R-VIP(ロック・VIPパッケージ):100,000円(税込)
  • S-BOX(スペシャル・ボックス)4名席:250,000円(税込)
  • 一般席A:18,000円(税込)
  • ステージ裏見切れ席:9,500円(税込)

11月5日

ロック・VIP パッケージ 100,000円(税込)追加販売決定!

連日公演に関するお問い合わせ多数のため、 一人でも多くのお客様にご参加いただきたく、 直前ではございま

アリーナ席残りわずかとなり、関係者席及び機材席を解放し、新しいパッケージの追加販売が決定しました。 数量限定でございますので、下記詳細をご確認の上、お早めにご購入ください。
チケットぴあ で独占販売。11月5日(土)より販売開始!

チケットぴあ

11月2日

ステージ裏見切れ席 ¥9500(税込) 販売決定!

連日公演に関するお問い合わせ多数のため、 一人でも多くのお客様にご参加いただきたく、 直前ではございま

すがステージ裏の見切れ席の開放が決定いたしました。
通常ステージ裏のお席に関しましては、 セットや機材の関係上、出演者・ステージを直接ご覧いただけなかっ

たり、 演出等が見えない可能性が高いお席となります。
上記踏まえまして、納得、同意いただける方のみご購入ください。

チケットぴあ イープラス

10月17日

PSP(パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ) 、PVIP(プラチナ・VIPパッケージ)をご購入のお客様へ。
サウンドチェック、カクテルレセプションのお時間が決定しました!

15:30 両国国技館 正面入り口集合
16:20~16:40 サウンドチェックのご鑑賞(PSP/PVIP)
16:45~17:45 カクテルレセプション(PSP)

※受付の際、身分証明証を確認いたしますのでご持参ください。
※アーティストの都合により、スケジュールが一部変更になる場合がございます。

9月30日

今年最大の衝撃!ロック・レジェンドたちによる夢の響演
このイベントは、1年間活躍したロックレジェンド達を表彰するアワードを前半として、後半約2時間は、来日したアーティストにおけるジャムセッションが予定されています。
アワードを含め、伝説の一夜となること間違いなしのこのイベント、ぜひご参加下さい!

9月21日

2016年9月24日(土)12:00 ~ 各プレイガイドにて一般発売開始!

イープラス

ローチケHMV

チケットぴあ

9月9日

チケットぴあ 5次最終先行スケジュール

Web抽選
2016年9月9日(金)18:00 ~ 9月19日(月)23:59

パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ販売専用URL

プラチナ・ゴールドVIP、スペシャル・ボックス、一般席A URL

8月22日

チケットぴあ 4次先行スケジュール

Web抽選
22016年8月22日(月)18:00 ~ 8月31日(水)23:59

パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ販売専用URL

プラチナ・ゴールドVIP、スペシャル・ボックス、一般席A URL

8月1日

チケットぴあ 3次先行スケジュール

Web抽選
2016年8月1日(月)18:00 ~ 8月14日(日)23:59

パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ販売専用URL

プラチナ・ゴールドVIP、スペシャル・ボックス、一般席A URL

7月8日

チケットぴあ 2次先行スケジュール

Web抽選
2016年7月11日(月)18:00 ~ 7月24日(日)23:59

パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ販売専用URL

プラチナ・ゴールドVIP、スペシャル・ボックス、一般席A URL

6月17日

チケットぴあ 最速先行スケジュール

Web抽選
2016年6月18日(土)18:00 ~ 6月29日(水)23:59

パーソナル・スポンサーシップ・パッケージ販売専用URL

プラチナ・ゴールドVIP、スペシャル・ボックス、一般席A URL

クラシックロックアワードについて

“The Greatest Show On Earth(地上最大のショウ)” 19世紀後半、アメリカの興行師フィニアス・テイラー・バーナムが、このフレーズを造りだした。ロックの世界で、毎年行われているクラシック・ロックのアワード・セレモニーは、まさにこのフレーズからインスピレーションを受けたものである。

2005年に始まった、クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーは、今や毎年ロック業界の行事の中で最も重要なイベンドのひとつとなっている。初めてロックスターが勢揃いするこのイベント、セレモニー・ショーを行なったのは、ロンドンにある落ち着いた雰囲気のCafé De Parisだった。その記念すべき夜、MOTORHEADのリーダーLemmy Kilmisterが初代LIVING LEGEND賞を受賞し、アコースティック・セットで演奏までしてこれに応えた。そしてLED ZEPPELIN のレジェンドJimmy Pageがオーディエンスとして見守る中、DEEP PURPLE、JUDAS PRIEST、ARTHUR BROWN、IAN HUNTERに栄誉が贈られた。

それから10数年経過し、現在ではクラシック・ロック・ロール・オブ・オナーは、世界中のロックミュージシャンたちから毎年必ず出席すべきイベントとして広く認識されるまでとなった。

ちなみに、LIVING LEGEND賞には、Lemmyに続いて、Alice Cooper、 Ozzy Osbourne、Iggy Pop、RUSH、Jeff Beck、ZZ TOP、BLACK SABBATH、Gregg Allman、QUEENといったそうそうたるアーティストが名を連ねている・・・あぁ、それからもちろんJames Patrick Page (= Jimmy Page)もである。

クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーは、これまでたくさんの賞を授与してきた。CLASSIC ALBUM賞では、THE WHOの『QUADROPHENIA』、DEF LEPPARDの『HYSTERIA』、Meat Loafの『BAT OUT OF HELL』など。またMETAL GURU賞として、Ronnie James Dio、Tony Iommi、SCORPIONSなど。そしてBEST NEW BAND賞としてBLACK STONE CHERRY、THE TEMPERANCE MOVEMENT、THE CADILLAC THREEなど、受賞したアーティストの数はもちろんこれで終わらない!

授賞式では、最初から独占ライヴパフォーマンスを取り入れて、セレモニー自体を大きなショーにしてきた。これまでに、Brian May、Joe Elliott、Billy Gibbons、Joe Perry、Sammy Hagar、Duff McKagan、Matt Sorum、Glenn Hughes、Nuno Bettencourtなどの歴々のアーティストをフィーチャーした貴重なパフォーマンスや、THE DARKNESS、CHEAP TRICK、ALTER BRIDGE (Slashがゲスト参加)、Jeff Beck (Joss StoneとChrissie Hyndeが参加)、Joe Bonamassa、RIVAL SONS、SCOTT WEILAND AND THE WILDABOUTS、LYNYRD SKYNYRDなどのライヴパフォーマンスを提供してきた。

またクラシック・ロック・ロール・オブ・オナーは素晴らしい司会者にも恵まれてきた。これまでSammy Hagar、Gene Simmons、Fish, Duff McKagan そして Alice Cooperなどが司会を務めている。

クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーはここ数年で急激に拡大し、現在はロンドンの由緒ある会場、Roundhouseを本拠地としている。2014年には10周年を記念してカリフォルニアに場所を移し、ハリウッドのAvalonでセレモニーを行なった。ここは1964年にTHE BEATLESがアメリカ西海岸で初めて演奏した伝統的な場所である。そして2016年、クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーは、クラシックロックアワードとして、更なる新天地に遠征する − 日本の東京へ。

「The Greatest Show On Earth − 世界最大のショウ」は、ここからさらに大きく飛躍する!

クラシック・ロック・マガジンについて

ニューススタンドに並ぶ雑誌を読むだけでは事実を推し量るのは難しいが、大音量で音楽を聴くことが好きな人たちにとっては1998年は今だに思い出深い年である。

この年、元LED ZEPPELIN のメンバーによるデュオ、PAGE & PLANTがレディング・フェスティバルでヘッドライナーを務め、Ozzfestがイギリスに初めてやってきてOZZYとBLACK SABBATHが英国を席巻したが、熱狂的な音楽ファンは、流行を追うだけのメインストリームの雑誌ではもう満足できなくなっていた。

この時期、数は多くないが場数を踏んだ腹のすわった音楽ライターたちが、これに同調する出版社の要人のバックアップを得て、この鬱憤をはらす時を迎えていた。彼らは冷静に判断しながら、大人のためのロック雑誌を作るのはどうかという話し合いをした。そうして、ロンドンの小さなベースメントで何ヶ月も熱い話し合いが行なわれた結果、クラシック・ロック・マガジンの創刊号は、1998年9月24日に1号限りの出版物としてニューススタンドに並んだ。2ポンド50ペンスで売り出された68ページの雑誌は、GENESIS、Brian May、当時ソロ活動をしていたBruce Dickinson、HOOTIE & THE BLOWFISH、THE MANIC STREET PREACHERS、DEEP PURPLEがフィーチャーされていた。そしてShania Twainなども取り上げられていた。表紙はGUNS N’ ROSESが飾った。クラシック・ロック・マガジンは、「公正且つ厳格さを以って、VAN HALENからVANGELIS、RUSHからRADIOHEAD、KISSからKULA SHAKES、ASHからWISHBONE ASHまでを評する」を主旨とし、意図して多様多角的なスタンスをとった。創刊号の絶賛を受けたことで続号出版の条件が整い、そこからクラシック・ロック・マガジンの月刊化がスタートした。そしてそこから18年間、同誌は現在TeamRockの一部として、世界独占インタビューや特集は数知れず、印刷物に留まらず、世界を網羅するオンライン版やラジオ番組など大きな広がりを見せている。

現在の強大なクラシック・ロック・マガジンは、セントラル・ロンドンのベースメントで成功を夢見て努力していた当時とは比べ物にならないほど成長したが、その思考過程は今も変わらない。それはすべて「音楽」についてだということだ。

Follow Classic Rock Magazine

なぜ東京?

 クラシック・ロック・アワード2016のお披露目へようこそ。  クラシック・ロック・マガジンが、ロックの世界におけるその年に活躍した素晴らしいアイコン、ミュージシャンそしてソングライターの方々に栄誉を授与するこのセレモニーは、最初はロンドンでショーを催し、次にはハリウッドに場所を移しました。そして本年、12年目を迎えるに相応しいエクサイティングな場所は、ロックの世界において、スピリチャルな場所のひとつであり、素晴らしいロック史の資産が埋もれているこの東京以外にないと確信するに至りました。  日本でロックバンドとして認められることは、西欧のバンドにとっては成功の印として長い間羨望の的になってきました。そしてその望みは、日本が育んできたロックの質の高さと華やかさにかなうものだけが得ることができるものなのです。本年、私たちはその質の高さと華やかさに敬意を払いながら、11月11日皆様とお会いすることを待ち遠しく思っております。

 

クラシック・ロック・マガジンは、いかなる形のロックでも、大物アーティストだろうと新人のアーティストだろうと、あらゆる場所の、あらゆる人のために存在します。そして2016年、私たちは慎んで、クラシック・ロック・アワードをみなさまにお届けしたいと思います。

 

Billy Anderson, the CEO of TeamRock Billy Anderson (CEO, TeamRock)

両国国技館

今年のクラシック・ロック・アワードは、日本の両国国技館で開催されます。1985年に建設されたこの相撲の聖地で、11月11日に東洋と西洋の文化が渡り合う。そこでみなさんにお会いするのを楽しみにしています。

 

Ryogoku Sumo Hall Ryogoku Sumo Hall